2019年12月28日   KAWASAKI GPZ 900R



ピッチレスコート



/拡大写真で見る

ブルーメタリックの塗装に入った磨き傷消し

 



 スポンジは複数キープ

一つのスポンジだけを使っていると
余剰膜のスポンジ戻しが出来なくなることが有りますよ。


一つのスポンジの片面でピッチレスコートを塗り広げて
もう片面を使って余剰膜のスポンジ戻しをしても
ピッチレスコートの余剰膜が多いと
スポンジ戻しで吸い取れなくなる場合があります。

そのような場合は、もう一つ
予備のスポンジがあると楽にスポンジ戻しができます。

シートに見えているのは予備のスポンジです。


 余剰膜とは

ピッチレスコートを使う量が多い場合に塗装面に残る薄いピッチレスコートの膜の事です。


スポンジで取り除こうとしても薄く残るのが余剰膜です。
スポンジを軽く滑らせても同じ方向に薄い膜が付いてまわります。

またタオル拭きでも余剰膜が細い線になってタオルの後を付いてまわる事もあります。
その様な場合に予備として別のスポンジがあれば楽して余剰膜のスポンジ戻しができますよ。

参考までに (^^)/



 では拡大写真でビフォー・アフターの結果を見てゆきましょう 



仕上げ前のこの状態がピッチレスコートを使うと簡単に下のような仕上がりになっちゃいます。

👇
    



 




この糸線になった線傷の溝にピッチレスコートが埋まると消えたようになります。
傷消しとは塗装を削るのではなく溝を埋める仕上げ方になります。

塗装を傷めない仕上げ方ですよ (^^)/

👇


角度を変えて蛍光灯が映り込む部分で見てみてもクッキリした色艶に仕上がっています。

仕上げ前の状態で見た線傷はどこへ行ったの? ・・ な~んてなりますね (笑)
ここまでの状態にまで誰でも仕上げる事ができますよ。


 




この線傷も隙間が出来ないようにピッチレスコートを付けたスポンジで
「縦・横・円」 を使って塗り伸ばせば消えて見えなくなります。


誰もが一瞬で仕上げる事が出来るのでついつい夢中になって遊んでしまいますよ。
次々と線傷探しをして仕上げたくなりますから程々に (笑)

👇


 




さぁ~ この線傷もスポンジ撫ぜでササっと仕上げましょう。

幅が有る深い磨き傷は完全には消えませんが
予想以上に目立たなくなりますからピッチレスコートでトライして下さい。

以外に消えて目立たなく事も多々ありますからね !(^^)!

👇



 




線傷も消えて見とれるくらいに深みある光沢になって仕上がりました。。

仕上げ慣れしている私 細野でも車でもバイクでもうっとり見とれてしまう色艶になっています。

この優越感も皆さん自身の愛車で実感して下さいね。



 コーティング施工をしてない場合

普通の塗装でもまるで高額料金のコーティングを施した直後のような質感になります。
ナチュラル ・ クリーティングの質感を堪能して下さい。

ナチュラル系の保護膜ケアですから日時の経過で保護膜が痩せてきます。
アフターケアとして保護膜補充の薄塗りライト仕上げをして保護膜に潤いを与えましょうね。

何年経っても美観維持が簡単にできます。



 コーティング施工をしてある場合

コーティングの保護膜ケアとしてピッチレスコートをお使い下さい。

何年経ってもコーティング膜を傷める事無く最高のコンディションで維持できますよ !(^^)!
ガラスコーティングを含めて全てのコーティング ・ ケアに使用できます。

コーティングをしても、くすみj出したらピッチレスコートですよ。
くすみ除去と共に色艶が簡単に蘇ります。





(^^)/ バイクぴかぴか アドバイス 

皆さんに保護膜のツルツル感と深みの光沢でニッコリ笑顔になっていただきます。



元のページに戻る


 

copyright(C) 2013 細野/美装 All rights reserved.